オブジェクトでのレコードタイプの適用を解除する場合は、ユーザのプロファイルで、レコードタイプの設定を解除します。

操作方法

  1. 管理メニューを表示します。 管理メニューを表示する操作については、「コンフィグレーションに使用するメニュー(Classic)」を参照してください。
  2. 管理メニューで、[ユーザの管理]-[プロファイル]をクリックします。


  3. 対象のプロファイルの[プロファイル名]をクリックします。


  4. [レコードタイプ設定]にある[カスタムレコードタイプの設定]欄を表示します。
  5. レコードタイプの適用を解除するオブジェクトについて、[編集]をクリックします。


  6. [選択済みのレコードタイプ]欄で、適用を解除するレコードタイプを選択します。
    削除ボタンをクリックして、[使用可能なレコードタイプ]欄に移動します。


  7. [使用可能なレコードタイプ]欄で、[マスタ]を選択します。
    追加ボタンをクリックして、[選択済みレコードタイプ]欄に追加します。


  8. [保存]ボタンをクリックします。


これで、プロファイルからのレコードタイプの適用の解除は完了です。

注意事項

  • 該当するレコードタイプがデフォルトに設定されている各プロファイルで、実施してください。